green card

残りの人生カウントしながら生きていくための備忘録です。暮らし・本・雑多なことについて書いています

70歳になったときに、だれがかわいいと言ってくれるか・・

私のお楽しみ時間。それは仕事前のカフェ。コーヒーを楽しみたいときは、スタバかタリーズ、小腹がすいたときは、ドトール

ま、そんな程度の楽しみの時間。本日はお腹がすいているので、迷わずドトールで、サンドイッチとソイミルクラテを頼みましたよ。

 

お気に入りは、アボカドとサーモンのやつですね。もっとサーモンが入っていたらいいのになとは思うものの、カロリー気にしないなら、これにクリームチーズがあれば尚よし。

バクバクかぶりついているとふと聞こえてきたのが甘い声。

「俺、としこちゃんの酔った姿大好き」

ふと顔を上げると、漫画アッコちゃんに出てくるケメコにそっくりな、高齢女性が、困った顔をしているのが見えた。

どんな親父が言っているんだかとおもって、さりげなく横顔を見たら、ボルサリーノ帽をかぶった、わりとかっぷくのいいジーさん。

ジーさん、モンブランをご注文「としこちゃん、半分食べてね。俺こんなに食べるのだめだから」

はあはあ~ん、ジーさん血糖値問題ありますね。でもとしこちゃん、私みたいにがっついたりしない。

そこは、また一つ困った顔して、「たまになんだから、楽しんだらいいのに~」とほほ笑んでいた。

「いやいや、だめだよ。食べ過ぎちゃうからね」

そうだよ、血糖値の安定は、日々の努力。気を抜いちゃいけないわけよ。

そして、二人のトークが聞こえてきた。

いや、最初は仲良しの高齢者夫婦かと思ったけれど、「俺、としこちゃんの酔った姿が好き」っていう言葉で、これは高齢者カップルねと判断。

ジーさん「知らない間にさ、700万使われていたんだよ。びっくりしたよ。退職してからさ、趣味にお金がかかるっていっていたけど、700万だよ!」というのを聞いて、としこさんがこういった。

「だって、あなたの奥さん、カラオケ仲間におごっているのよ。お金なくなるわよ。この間も私たちにおごってくれたのよ」

なるほどね、としこさんとこのじーさんの奥さんは、カラオケ仲間。

そして、じーさん、としこさんの額にかかった毛を、指先ですくい上げると、としこさんの手を握り、こう言った。

「俺は、としこちゃんが好きなんだよ。かわいい顔をいつまでも見ていたんだよ」

はい、ここにきたときは、ぜーんぶ食べ終わっていました。

「駄目よ、こんな~」という甘い声はしても、握られて手は振りほどかないとしこちゃん。

「もう行こうか!」というとしこちゃんの声が、じーさんを立たせて、店を出て行った二人。

退職金なのか、その後700万をカラオケ仲間に使った奥さんも豪勢だけど、

なにより、ドラマは、奥さんともしっかりカラオケに行きながら、その旦那と逢瀬を重ねるとしこちゃん。

ケメコなんだけど、ふるまいは乙女でした。

げすい私は、このジーさんでも恋なのかな?とか、いろいろ想像したり。としこちゃんが、どんな気持ちで、奥さんとカラオケ楽しんでいるのか、気になるところ。

私が70代になったとき、「お前の酔った姿が好きだ、かわいい」って言ってくれる男っているのかしらね。いないだろうな。きっと。

間違っても夫は言わない。

なかなか刺激的なドートルでの出来事だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

GINZA買ってみました。チープシック特集です

f:id:sophiedeazul:20160527163420j:plain
コンビニで見かけて気になったので、買ってみた。GINZA、なんか妙に、80年代のマガジンハウス雑誌の香がした。チープ&シック特集だけど、1週間が5万円予算でのコーディネートって、ぜんぜんチープでもないと思うところで、すでにこの雑誌のターゲットから外れていると思われる。

スタイリストさんが、お気に入りの古着を着こなしたりというのは、オリーブ風のテイストで、結構すきなところ。

これまでは「入る服」を中心に考えたけてど、これからは「好きな服」も着てみたいという野望があり。

しかし、ふと自分を見ると、上はユニクロ、パンツはzara、足元はてきとうーみたいな感じで、チープシックというよりも、ただチープ。

おしゃれブロガーさんを読んでみると、いや、チープでおしゃれなのを支えるのは、モデル並みの体形なんだとしかけが分かったように思う。

もともとが、おしゃれとは縁遠い生活。

バブルのころのハイファッションも、ぜんぜんかすりもしなかったし。最近着ているのは、もっぱら、バザーの戦利品とか。

若いころは、それでも、適当なのきていてもよかったけれど、

なんだろ、ちょっと手を抜くと、こぎたなさが勝ってしまう自分。

痩せてきれいになるといったのはだれだ?

ふと、竹内まりあの曲を思い出した。「少しやせたその~からだ~だに似合う服をかあって~」ってやつ。

別に、なんの変化もなし。

手持ちの服が着れなくなったので、今年は出費が増えたくらいだ。

いや、まあ、こーゆー雑誌の常で、仕方ないと思うけど、紹介される古着屋さん、高いですね。

私がよくあさっているところは、全品500円。この間は、シャネルのスカートが1000円で売られていた。

もっとB級になると、まとめていくらでも売っている。

知る人がみれば、ブランドの宝庫だけど、激安。

80年代と思しきデザインワンピも、今見ると、妙になつかしくて、

ローウエストだけど買ってしまった。

「あら、おばさん、昔の取り出して着ているのね」とならないように、ちょっとGINZAを参考にしようかと思っているとこ。

どうなるやら。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

やせた自分に慣れてきたところです

すっかり初夏です。

朝の自転車通勤も、駅に着いた頃は汗ばんでいます。

さて、最近の自分の変化を書いておきます。やっと慣れました。やせた自分に。

去年の今頃と比べると、だいたい20キロ近く痩せました。

具体的なダイエット方法としては、食べ物の見直し。ほんと甘い低糖質制限をしながら、同時に長年苦しんでいたアトピー性皮膚炎の治療をしました。

そして、できるだけ毎日行っているのが筋トレ。

4月くらいから初めて、7月のころには、「あれ?やせた?」とたまに聞かれていましたが、体重はといえば、5キロから6キロくらいしかやせていませんでした。

実は、あまりにもゆるやかに太っていったので、自分が太ったという自覚が薄かった私。しかし、写真は正直です。

ふと撮られた集合写真を見ると、だれこのまんまるたぬき夫人は??自分です。

旦那と出かけて、写真を撮るのですが、いつも不機嫌そうに太ったおばさんが写っていました。

私はずっと思っていました。この人は私に嫌がらせをしているんだと。

わざと変な写真を撮っているんだって。

たぶん、彼と知り合ったころから比べると、10キロは太っていましたからね。

そんなゆるいダイエットとも呼べない生活をしつつ、運動量を増やしていったら、まるで、薄皮をそぐように痩せてきました。

いつもXLか15号を目安に買っていた服も、トップス類などXサイズに。ものによってはXSでもいけます。

そして、下半身肥満の典型だった自分ですが、Mサイズが入ります。

しかし、うまくいかないのがふくらはぎ。あいかわらずです。

今年になってから、体重のへりも停滞していたものの、それでもほんと少しずつ減ってきて、体脂肪も30を越えていたのが23%にまできました。

ところが不思議なもので、体はやせているのに、マインドがデブのままだと気が付いたんです。

服を選ぶときも無意識に、大きいサイズがあるのを確認。

確かにやせてきてはいるのに、鏡に映る自分は、太ったころのシルエットに見えます。

もともと太目できたのですが、30歳くらいの自分は、やせてはいなかったものの、太っているという印象もなかったのに、この数年はすっかり「ふくよかな人」を通り越し、太ったおばさんです。

なんでしょう。この認識。健康に問題がないことをいいことに、別にやせようとも思ってもいなかったわけで。

でも、着たい服がきれないつらさ。着たいというより、入る服を先に見つけようとする習性。

20キロも減ると、すごくかわったように思いますが(実際、私のことをわからなかった人もいます)、自分の目には、70キロ越えていたころの自分が見える。

恐ろしや~です。

太っていると自覚を持てなかった私が、やせた自分をイメージできないでいる。

本当に深いですね。この問題。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村