読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

green card

残りの人生カウントしながら生きていくための備忘録です。暮らし・本・雑多なことについて書いています

リンネル とリサ・ラーソン

リンネル 08月号 買ってしまった。 なにしろ、ふろくが「リサ・ラーソン 保冷バッグ 驚きの3個セット」 あーほんと、まんまと引っ掛かってます。 素材感でいえば、100均とかわりないけど、やはりリサ・ラーソンの猫様ですよ。 大きいやつは、ビール缶4本くら…

GINZA買ってみました。チープシック特集です

コンビニで見かけて気になったので、買ってみた。GINZA、なんか妙に、80年代のマガジンハウス雑誌の香がした。チープ&シック特集だけど、1週間が5万円予算でのコーディネートって、ぜんぜんチープでもないと思うところで、すでにこの雑誌のターゲットから外…

いまさらだけど、マディソン郡の橋

「恋とは落ちるものだ」とは、すでに古臭いニアンスになっている。 世界的なベストセラーになったこの「マディソン郡の橋」、私は号泣してしまった派。作者が限りなくナルシストなんだなという嫌みな感じはさておき、ロバート・ジェームズ・ウォラーが描写す…

60年代ヒッピーの香り、LUSH KARMAとM嬢の思い出

通勤で使っているJRの乗り換え改札のところにあるLUSHで、練り香水のようなものを買いました。 名前が「KARMA」オレンジとパチョリの香りが特徴で、60年代のヒッピーをイメージしているそうです。あ、ロンドンのね。 スプレータイプもありましたが、私はこ…

手帳はやっぱり薄いのがいいのか 

手帳・・・この悩ましいもの。 日本人の手帳にかける情熱ってすごいと思う。すくなくとも手帳は自分の分身のごとく扱い。俺という生き様のあらわれか?というくらい。 家の男は「アスタマニャーニャ」の国の人なので、だいたい基本手帳でスケジュールを管理…

Palm maisonとひぐちゆうこノート

神戸で発行されている「Palm maison」というファッション雑誌がある。耽美女の友人が教えてくれたvol.013号には、ひぐちゆうこが描いた猫ちゃんのノートがついていた。これで雑誌ともども600円! さらに、そのつぎのvol.014号も、ひぐちゆうこさんのイラスト…

NHKの朝ドラ「あさが来た」原作読みました

NHK朝ドラ、みてますか?実はこれまで生きてきて朝ドラって一度もみたことがありませんでした。そんな私の朝ドラデビューは「花子とアン」です。続いて「マッサン」もかなりのめり込んで観ていました。 そのつぎは、どうも興味がなくて今はここです「あさ…

きらきらスヌーピー

吉祥寺の散歩ついでにみつけた「きらきらスヌーピー」。カーニバルという輸入食品を昔から売っているお店でみつけた。カルディからおしゃれ感を抜かした感じのところ。 今、自分の中で、またリバイバルしているのスヌーピー。この横にウッドストックの黄色い…

東京の空が好き

仕事の打ち合わせ帰り、新宿の空をパチリ。 「智恵子は東京に空がないという」の意味は、やはり故郷でみた空が一番の空ということなのだろうか。 郊外にいけば空はもっと澄んでいて、地方の自然豊かなところの空は、たとえようもない美しいものだというのも…

アルパカの刺繍ボタンをみつけた

週末ライブを見に吉祥寺へ。早く着いてしまったので、ひさしぶりに吉祥寺を探索してみた。表にあった暖かそうなブランケットが手頃な値段だったので、リビング用に買おうかどうしようか考えていたら、店内も素敵だったので、入ってみた。 そこは刺繍のお店で…